Ⅰ.『経営承継』とはⅡ.今、なぜ『経営承継』が注目されているかⅢ.準備不足による「経営承継失敗事例」Ⅳ.『経営承継』への準備を始めませんか?Ⅴ.経営承継に向けてのSTEPⅥ.上手な経営承継のために

上手な経営承継のために

上手な経営承継のために

1 後継者教育(後継者による経営計画の策定)

後継者教育の一つとして、後継者が主体となって経営計画を策定し、経営者が助言を行う方法も有効です。経営計画の策定では、内外の環境分析を基礎として、ビジョン達成のための戦略立案、経営資源であるヒト・モノ・カネ・情報の買うようなどを決定しなければなりません。したがって経営者の意思決定過程とその判断基準などを体得するためには極めて有効な手法です。

2 自社株(非上場株式)の評価

中小企業の経営承継では、現経営者が所有する自社株を必ず引き継がなければなりません。しかし、非上場株式では、換金性がほとんどないうえに、相続財産に占める割合が高くなりがちです。まずは自社株の評価を行い、自社株対策を検討しましょう。

3 金庫株(自己株式の取得)

未上場会社が取得する自己株式のことを「金庫株」と呼んでいます。会社法(平成18年5月1日施行)では自己株式の取得が定時株主総会に限定されず、臨時株主総会でも可能となり、また、譲渡人を指定しない方法も新設され、自己株式の機動的な取得が可能になっています。

経営承継に向けてのSTEP   


中小企業経営承継円滑化法の概要はこちら